不動産業界で活躍している人が多い宅地建物取引士(宅建士)ですが、独立して事務所を構えることは可能なのでしょうか。

e879288fc89975645488eca73265325e_s

不動産業で独立をする人


宅建士は、いわゆる「不動産屋さん」で契約の手続きなどを行うイメージがありますが、最近では不動産管理会社で働く人も多くなってきました。世動産の仕入れや分譲の仲買、管理などのプロデューサー的な仕事を行っているのです。また、住宅展示場などの相談係として宅建士の知識をいかしている人もいます。

不動産業界といっても、さまざまなポジションで働く宅建士の中には、自分が積み重ねたキャリアやスキル、人脈をもとでに独立する人もいます。
宅建士になっただけで独立をするのは、実際には難しいものです。というのも、宅建士は、勤務している会社の物件である不動産契約にあたり、その内容をお客様に説明したり書類を作ったりすることが仕事となります。
そのため、不動産関係の事務所を営むために宅建士の資格を取得し、自分で不動産を仕入れて管理を行ったり、不動産投資アドバイスをしたりなどマルチにビジネスを展開している人もいます。

キャリアを積みほかの資格も取得する人も


また、長年不動産業界でキャリアを積み、あらゆる分野の知識を得つつ、ほかの資格を取得してから独立する人も多いようです。宅建士の資格とともに取得すると有利な資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

・行政書士
行政書士はさまざまな許認可申請を代行できる資格です。数多くの許認可申請が必要な不動産取引においては、行政書士資格を取得しておくと効率よく仕事を進められます。

・ファイナンシャルプランナー
人生で一番高価な買い物である不動産は、多くの人の場合一生ローンで支払いを支払うものです。ファイナンシャルプランナーの資格があれば、お客様の人生設計の相談にもアドバイスができます。

・マンション監理士・監理業務主任者
マンションの監理業務に関する資格で、宅建士と試験の勉強分野がかぶるので一緒に取得する人もいます。